税金のプロ 税理士に相談してスッキリ!

税理士になるためには税理士法という法律に規定された条件を満たす必要があり、これはいくつかに場合分けされます。

PAGE
税金のプロ 税理士に相談してスッキリ!

税理士になるための法律上の規定

税理士という資格が持つ法律上の権限と制限は税理士法という法律によって規定されております。まず、税理士になるためにはこの税理士法に定められた税理士になる条件をクリアする必要があるわけですね。その条件とは一般的に税理士試験全科目に合格し、なおかつ2年間の補助業務を経験した者、弁護士資格を保有している者、公認会計士資格を保有している者、税務署に23年以上勤務し、なおかつ税務大学校で指定の研修を受けた者です。

また税理士試験を受験すること自体にも受験資格が必要で、これは学歴や職歴によって場合分けされます。主な場合として1つ目は四年制大学もしくは短期大学や高等専門学校の法学部、経済学部、経営学部、商学部といった法律か経済を中心とした学部を卒業した者。2つ目は四年制大学もしくは短期大学や高等専門学校の卒業者でそれ以外の学部でも方角か経済学の科目を1科目でも履修し単位を取得している者。3つ目はそれ以外の学歴でも簿記検定1級(日本商工会議所主催の)を取得している者。4つ目は税理士、公認会計士、弁護士の補助業務を3年以上経験しているものです。中でも博士取得者は、会計学に関する研究で学位を取得した場合は会計系の二科目、税法に関する研究で学位を取得した場合は税法系の三科目が申請によって免除される事になっております。

関連サイト



Copyright(c) 2018 税金のプロ 税理士に相談してスッキリ! All Rights Reserved.